インプレ的に・・・USTホイールってどうよ #1

MAVICキシリウム プロ カーボン SL UST ディスクをTEST用に導入したので
軽~くインプレッションを2回に分けてお届けします。

これまでimezi167、ROVAL CL50(こちらは自己責任で)、MAVICキシリウムエリートと USTホイールを使い始めてかれこれ2年位になります。
使い始めて思った事は、「もうチューブドホイールには乗る気がしない」でした。

第一の理由は ​​​乗り心地。​​​

ヘタレな私の体にはアスファルトの路面からの振動は徐々に体力を奪っていき
少し荒れた路面なんか拷問の様でとても苦痛でした。
それがUSTにした途端、振動はマイルドになり疲労も軽減されました。

第二の理由は パンクリスクの低減

幸運にもこれまでパンクは1度も有りませんが、
チューブレスはクリンチャーより低圧で使用出来ることでのメリットが大きいので、
今までなら低圧=リム打ちパンクなイメージが、
チューブが無いので原因で一番多いリム打ちパンクのリスクが少ない事。
またシーラント剤も併用すれば、小さな差し穴は塞いでしまします。
万が一パンクした時はクリンチャーと同じ様にチューブ入れてしまえばOK。

第三の理由は 転がりが軽くなる?

タイヤとホイールの組み合わせで劇的に体感できるとは限りませんが、
理屈的に考えてみると、路面から感じられる振動は細かい縦の動き。
縦の動き(振動)ってどうして起こるのか?
これって何か障害物に引っ掛かって弾かれてるって事で、
引っ掛かる=抵抗、更にもし踏み込みで弾かれてたらタイヤは浮きトラクションも弱くなり
僅かながら空転、駆動輪の力もその分ロスしてる事になりますね。

前置きが長くなりましたが、MAVICキシリウム プロ カーボン SL USTは・・・
一番使い込んだCL50との比較になってしまいそうかな。

#2へ続く

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 梅雨空の天候不順が続き、中々自転車乗れないんだよな~とお嘆きのあなた。MTBやグラベルバイクなら途…
  2. シューズの構成がシンプルな様で、使い方に合わせ種類が多いので少し分かりやすく解説します。サイズ展開…
  3. 定休日ライドは先週に引き続きMTBライド。ただモーター付いて無いのとフロントタイヤのエア抜けが早い…
  4. 前記事で6つのカテゴリーに分けましたが、今回は上の3カテゴリーについて簡単に(独断と偏見多め)書い…
  5. MTBに乗ってみたいけど「何をどう選んでいいのか分からない」という方が結構多いので簡単に纏めてみま…

カレンダー

イベント

お勧め記事2

  1. 2021-9-15

    DAHONと行こう何処までも!! DAHON 店頭在庫

    折り畳みも簡単で、スイスイとまるでスポーツバイクの様に走しれるDAHON。さぁ走るぞ!と気構える…
  2. 2021-8-26

    お待たせしました!2022 BMC オーダー可能リスト 9/13

    ついにBMCの22年モデルの一部がメーカー入荷となりました。すでに完売となったモデルが多数で、今回…
ページ上部へ戻る