外出を控えて 定休日バーチャルライド~シュミレーション機能編

「不要不急の外出自粛」って事で、暫く眠っていたスマートトレーナーを引っ張り出し室内トレーニング?(ライド)初めてみました。

取りあえずZWIFT登録して無料お試しで。(終了後は月¥1650)
このZWIFT、初めてだと結構ややこしく、本体アプリだけじゃなくコンパニオンと言うアプリも入れると使い勝手が良いです。(詳しくは各自ググって調査してね)

パソコンorタブレットに本体アプリ入れて、スマホにコンパニオンでやるパターンが良いのかな?私は今の所パソコンとipadでやってます。

スマートトレーナーだとサイコンにシュミレーション機能が付いてれば、実際に走ったログデータを元に走行負荷を再現してくれるので実際に使ってみました。

サイコンはパイオニアCA-600のデータを使用。WAHOOとGARMINの一部にはこの機能が有ると思います。

今回は3月12日のログデータをもとに飯田ダム辺りまで走ってみます。データ選択してシュミレーション開始選択でスタートします。

ログ取った時スタート押し忘れでいきなり中山峠手前まで行ってしまい、あっという間にダムに着いてしまったのでもう少し先まで行ってみます。

平坦と下り、3~8%の勾配は自然な感じで負荷が掛かり実走感があります。この先15%超えの登りが有るのですが、スマートローラーの癖なのか?インナーローでもきつい感じでこの辺りは負荷強すぎ。

で、結局グルっと回って最後まで走ってしましました。

シュミレーションしてみて思った事。信号や交差点で一時停止、周囲の安全確認で足を止める事もないので漕ぎっぱなし。結構ハードです。その分いいトレーニングにもなります!

これからローラー錬初めてみようかなという方、まずは短い距離もしくは時間で始めた方が長続きすると思いますので、とりあえず軽くアップで10分、その後負荷掛けて15~20分とかがお勧めです。慣れてきたら2セットとか倍の距離・時間へステップアップで徐々に慣らして行きましょう。

私も始めたばかりなので、何か気が付いた事が有ればまたアップしますね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. MTBに乗ってみたいけど「何をどう選んでいいのか分からない」という方が結構多いので簡単に纏めてみま…
  2. 店頭在庫分のスタンプジャンパーを特別価格で放出します。 Stumpjumper Comp Carbo…
  3. 定休日ライドは先週に引き続きMTBライド。ただモーター付いて無いのとフロントタイヤのエア抜けが早い…
  4. 前記事で6つのカテゴリーに分けましたが、今回は上の3カテゴリーについて簡単に(独断と偏見多め)書い…
  5. MAVICキシリウム プロ カーボン SL UST ディスクをTEST用に導入したので 軽~く…
  6. さて後半です。 最初ホイール買うときに皆が一番気にする所は多分​重量​、見た目、そして金額。 殆…

カレンダー

イベント

お勧め記事2

  1. 店頭在庫S-Worksプライスダウン!組み換え工賃も50%off

    店頭在庫のリム仕様フレームセットお値段下げました。 SW Tarmac SL5が3本 (^_^;)…
  2. ハイパフォーマンスロードシューズ TORCH 1.0 ROAD

    履きやすさでこれまでも多くの方にご支持頂いた入門グレードのロードシューズ「TORCH 1.0」がモデ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る